• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 豪華な名古屋でのウェディングと現代だからこその節約法

豪華な名古屋でのウェディングと現代だからこその節約法

とにかく派手な名古屋のウェディング


名古屋でウェディングというと、とにかく派手で豪華というのが、世間一般的なイメージでしょう。娘が3人もいたら、親が破産するほどに娘の嫁入り支度にお金を掛けるため、家がつぶれてしまうということさえ言われるのが名古屋という土地柄です。もちろん結納などにも手間もお金もかかり、さまざまな準備をしていきます。
嫁入り道具に関しては、トラック1台分を持っていいくという風習もあります。紅白の帯がつけられ、春や秋の結婚シーズンになるとこういったトラックをよく見かけます。周りの人に披露して一緒に祝ってもらうという風習もありました。お菓子まきと呼ばれる行事もあります。式の前などに屋根の上や二階からお菓子をばらまくのですが、その中には、お金を入れたりもすることもありました。おめでたいお祝いなので、それ専用のお菓子もあったりするほど、定番化されたイベントであったといえるでしょう。それだけではなく、引き出物も豪華で豊富でなければいけないとの考えもありました。できるだけ重くするというのがもてなしとして考えられていたからです。現代においては、あまりに重いということは、来ていただくお客さまに対する配慮が欠けることから避ける傾向にありますが、従来の考えはまったく真逆で、お礼の気持ちを伝えるためには、持ち帰るのに困るほど重くするものというのが一般的でした。
しかし昨今では、名古屋でもこうしたウェディングは少なくなりました。若い人たちの中には合理的な考え方をする人が増えて、もっとシンプルなものが主流になりつつあるといえるでしょう。もちろん、昔ながらの方法も残ってはいますが、もっと現代的でシンプルなものも好まれるようになってきたということです。現実的に、予算内で収めることも大切だと考える人も増加する傾向にあることも関連しているといえるでしょう。

費用がかかっているポイントはどこにあるか


ウェディングということを考えてみると、どういったことに一番お金がかかっているのかということも重要なポイントになってきます。費用について、できるだけ節約したいというのは、何も珍しいことではありません。名古屋に限らず、結婚式を考えている人も例外ではないのですから、費用についてよく考えていく必要があるでしょう。
費用の多くを占めている部分を見てみると、会場代と料理代です。人数などにもよりますし、演出をどこまでするのかということも関係はしますが、この2つはかなりの費用がかかると考えてよいでしょう。他にも衣装代や花代といったものもありますが、大きな割合を占めています。さらに、引き出物も人数によっては大きな金額になるでしょう。内容や依頼先によって違いはありますが、写真やビデオの撮影代といったものもかなりの金額になることがあります。
基本としては自己資金で考えていくことになるため、ある程度の予算を組んで計算しておかなければいけません。ですが、名古屋でもご祝儀で一部賄うこともできます。実際には、思ったよりも余分な費用がかかることもあるので、少し大目の自己資金を用意しておいた方がよいでしょう。ここからさらに予算を抑えたいということであれば、式場の人と相談をして、アドバイスをもらいながら工夫をしていくことになります。特に料理などの質を落としたくないというときには、他の部分をいろいろと考えていくことが大切です。

節約するためにはコツがある


名古屋でも、ウェディングにはシーズンがあります。どんな仕事でも同じですが、繁忙期は費用が高くなる傾向があります。逆に閑散期であれば、式場にお客も少なく、実際に利用する人も減ります。そのため、季節限定プランなども用意されるようになり、お得な価格で式を挙げることができる可能性があります。
さらに、仏滅もポイントです。以前はこうした日は、ウェディングを上げるのにふさわしくないと考えられていました。今でも避けられることがあり、希望する人が少ないので、割引になっていることも珍しくありません。ですが、よく考えれば、仏滅は六曜であり、中国から入ってきた文化です。仏滅といっても、あまり関係がないと思っている人も増えていますので、うまく使えばリーズナブルな価格で結婚式を挙げることができます。結婚式に必要な小物なども、自分で作るというのもいいでしょう。ウェルカムボードなどは、自分で作れば費用は格段に抑えられます。席次表なども、自分で作ることはそこまで難しくありません。自分で作る時間さえ取ることができれば、手作りを導入したほうが安くなるでしょう。ただし、持ち込みできないようなものもありますので、事前に相談しておくことが重要です。
名古屋にも、数多くの結婚式場があり、多くのカップルがウェディングを挙げています。理想とするものもみな違うので、色々なかたちのウエディングがあります。そこで、まずはブライダルフェアなどに参加してみて、どんな式を挙げているのか、実際に確認してみるといいでしょう。その結果、納得のいくものであれば、金額にも不満がなくなります。生きたお金として使うためにも、後悔しないためにも、事前にしっかりと調べることが大切です。

次の記事へ