• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚指輪に関する豆知識

結婚指輪に関する豆知識

結婚指輪の由来について


日本では結婚する時に当たり前のように指輪が渡されています。今では当たり前のように使われていますが、そもそも結婚指輪の由来は何か気になっている方もいるでしょう。ここでは結婚指輪の由来について詳しく説明します。
それほど歴史は古くないと思われがちな指輪の由来ですが、実はその起源はかなり古く、紀元前の古代エジプトから使用されています。現代の指輪と同じように金などを使用して作られていたり、他には貝殻や石などが使用されていたこともありました。古代エジプトでは異性に贈るもの以外にもファッションとして使われていることもあり、その他にも男性が戦いなどをする時に使用することもあったと言われています。
では、具体的に結婚指輪として始まったのはいつ頃なのかと言うと、9世紀のローマだと言われています。実際に古代エジプトから指輪は存在していましたが、結婚指輪として使われることはほとんどありませんでした。本格的に扱われるようになったのは9世紀からで11世紀ごろには教会が結婚指輪に祝福を与えるようにまでになり、ここで左手の薬指に指輪をはめる習慣が生まれたとも言われています。
しかし、日本での歴史はそれほど古くはありません。日本に指輪が入ってきたのは江戸時代後期ですが、実際に結婚指輪が普及したのは戦後からとされています。それまでは日本の文化としてなかったものです。戦後から西洋の文化が徐々に広まり始めており、結婚式の文化も戦後から西洋文化に近づいてきたと言われています。このように、外国では意外と古くから始まっていますが、日本ではまだ数百年程前と指輪の歴史は新しいです。しかし、今では90%以上の夫婦が指輪を購入していると言われています。現在では必要不可欠なアイテムとなるので、これから結婚を考えるなら愛の気持ちも込めて用意してみてはいかがでしょうか。

ダイヤモンドを選ぶときのポイントについて


結婚指輪にはシンプルなデザインのものが多いですが、デザインの一部としてダイヤモンドが使用されることもあります。ダイヤモンドがついた指輪といえば婚約指輪を思い浮かべる方も多いでしょう。しかし、男性から見ると何を選ぶべきか迷うこともあります。女性に喜んでもらうためにはある程度知識は知っておくことが重要なので、ここではダイヤモンドを選ぶときのポイントについて話します。
まず1つ目に大切なのが重さです。ダイヤモンドの大きさを表す単位として有名なカラットは、実は重さのことを表しています。一般的には1カラットは0.2グラムほどです。カラットは大きいほど価格も上がってしまいますが、大きさだけで価格が決まるわけではありません。品質も重要になるのでチェックしておくといいです。また、あまりにも重量感があると違和感を抱いてしまうこともあるので、選ぶときは0.15カラットから1カラットほどを目安に考えるといいです。
続いて2つ目は色についてです。ダイヤモンドはどれも同じだと思う人もいますが、天然石のため一つ一つ色が異なります。無色から薄い黄色など色によってランク付けされています。一般的には無色透明のダイヤモンドが価値が高いとされていますが、どれが似合うかなども考えて選ぶ必要があります。
3つ目は透明度です。ダイヤモンドの透明度は11段階の等級に分類されています。基本的には内包物がなく無傷の方が透明度は高くなりますが、その分価格も上がってしまいます。透明度に関しては予算なども考えながら選ぶようにするといいです。
最後4つ目は研磨です。ダイヤモンドの研磨はなぜ重要なのかと言うと研磨の仕方次第で輝きが決まるからです。例えばあまりキラキラしていないものが好みの場合や逆にキラキラしているダイヤモンドを選びたい場合は品質ではなく、研磨の仕方で変わってくるので結婚指輪を選ぶときには知っておきたい部分です。このように、ダイヤモンドについて説明しましたが、特に男性であまり知識がない方はある程度頭の中に入れておいた方が安心なので、説明した内容を参考にして納得のできるダイヤモンドがついた婚約指輪を渡すようにするといいです。

結婚指輪を購入する時に考えたいこと


結婚指輪はどこで購入するかも重要です。それぞれ専門店によってサービスが異なります。ここではこれから購入を考えている方のためにもどこで購入するといいのかについて話します。まず重要なのは品揃えやオーダーに対応しているかについてです。品揃えが悪いと選択肢の幅が狭くなります。
また、人によってはこだわりが強く、好みのものがない場合もあるでしょう。こういった場合でも好みの指輪を手に入れるためにオーダーの有無についても確認しておくといいです。また、修理について確認をしましょう。業者によっては修理や保証内容が充実しており、万が一の時でも無償で対応してくれるところもあります。修理に関してや保証についても事前にチェックして専門店を選ぶといいです。

次の記事へ