• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚式場選びのポイントとドレスやかかる費用について

結婚式場選びのポイントとドレスやかかる費用について

結婚式を挙げることが決まったら


結婚式は女性の憧れです。お姫様のようなドレスを着て両親や親族、お世話になっている仕事の仲間、親しい友人たちの前で大好きな人と生涯を共にすることを誓い合い、皆から盛大に祝福してもらえる幸せな時間です。多くの人にとって結婚式は一生に一度の大きなイベントとなるので、忘れられない素敵なものにしたいと考えますし、式場やドレス選び、演出などたくさん悩まれることと思います。
式を挙げることが決まったら、最初は式場選びになります。多くの結婚式場ではブライダルフェアを開催しており、挙式の模擬体験や披露宴会場やチャペルなどの下見や実際に出される料理の試食ができたりと、様々な体験をすることができます。他にもウェディングドレスの試着や、会場演出の模擬体験、実際にかかる費用についての相談会などもされており新郎新婦がどのような式にしたいか、どれくらいの費用がかかるのかなど現実的に考えることができます。
結婚式場といっても、チャペルやガーデンがある一軒家の式場もあればホテルの会場であったり、レストランを貸し切ってするなど式場によっても様々ですし、費用の面でも大幅に違ってくるので気になる式場があればブライダルフェアや相談会などを有効に活用して実際に足を運ばれることをお勧めします。
しかし、海外などリゾートウェディングをしたいと考えている方には、実際に現地の式場に前もって足を運ぶことはなかなか難しいものです。また、実際にどこにどんな式場があるかわからないという方も少なくないでしょう。最近では様々な結婚式場を紹介してくれる案内所があり、自分たちの希望に添った式場を一緒に探してくれます。案内所では他にもリゾートウェディングなどについても詳しく教えてもらうことができますし、式場見学の予約も代わりに行ってくれるので、式場選びの際にはぜひ活用したい場所のひとつです。

ドレス選びのポイント


結婚式場が決まったら、次に悩むのがドレス選びです。ウェディングドレスにもAラインやプリンセスラインといった定番のものから、マーメイドやスレンダーラインといったものもありますし、カラードレスに至っては色や柄、デザインなどどれも一点ものばかりなので着れば着るほど迷うものです。
結婚式場の中には会場に併設されたドレスサロンを設けていたり、専属のコーディネーターがついてドレス選びのサポートをしてくれるといったところもあります。自分のお気に入りの一着が決まっても、式場の雰囲気と合っていなかった、イメージと違っていたということもあるかもしれないので、式場内で試着ができるというのは大きなポイントでもあります。また式場によっても取り揃えているブランドやデザイナーが違っていたりするので、式場選びの際には、サロンやドレスの内容もチェックされるといいでしょう。さらに新婦の衣装はドレスだけではありません。白無垢や色打ち掛けといった和装を着たいと思う方も多いと思います。こちらも同じようにたくさんのデザインや種類が豊富にあります。
また新郎も、新婦と合うようにタキシードを選ばなければいけませんし、和装を着る場合には紋付き袴を選ぶことになります。他にもドレスに合わせたアクセサリーやブーケを選んだり、ヘアメイクも考えなければいけないなど、細かなところまで一点一点、自分たちで選ばなければいけないのは意外と疲れる作業となります。しかし、一生に一度のことですし、悩みぬいて決めた分だけ当日の満足度は高まりますので、ぜひ楽しみながら選んでいただきたいものです。

結婚式でかかるお金のこと


結婚式を挙げるにあたって、一番気になるのが費用の面ではないでしょうか。
まず披露宴で出される料理はほとんどの式場がフランス料理や折衷料理などのコース料理なので、招待人数分の食事や飲み物代に高い金額がかかるでしょう。最近ではおもてなしの気持ちから基本のコース料理から品数をプラスしたり、使用する食材を変更したりと料理をアップグレードさせているカップルも多くいます。
またドレス衣装はレンタルでも料金はかなり高くなりますし、和装となるとさらに高額となる場合が多いです。お色直しで何着も衣装を替えると、その分費用も高くなっていきます。他にも当日の写真撮影やビデオ撮影、アルバムの作成を依頼したり、前撮りでロケーション撮影を取り入れるカップルも増えており、当然その分の料金がプラスされます。さらに引き出物や引き菓子、ペーパーアイテムなどの細かなものも招待人数分必要となるので招待客が多くなるほど高くなります。
会場演出の面では、式場ごとにできる内容が変わってきますし、新郎新婦ごとの個性が出るポイントでもあるので金額の差が出やすいところです。そして忘れてはならないのが式場を彩る装花です。新郎新婦の席やゲスト席はもちろん、受付やエントランスなど花を飾る場所は多く、会場の広さや花の種類、ボリュームによってもかなり料金差がでるところなので注意が必要です。
式場を見学した際に大体の見積もりを出してもらうことができますが、せっかくの披露宴なのでより良いものにしたいと考えて料理をアップグレードしたり、演出にお金をかけたりと予定していたよりも見積額が高くなったというケースが多くみられます。招待客から頂く御祝儀を結婚式費用に充てるという方がほとんどだとは思いますが、式場への支払いは全額前払いとなる式場もあるので前もってお金の用意が必要な場合もありますし、これから夫婦二人の新生活が始まることになるのである程度の余裕を見ておく必要があります。ペーパーアイテムやウェルカムアイテムを手作りするなど、費用を安く抑えるためにできることもありますので、無理のない金額になるようお金をかける所と抑える所のメリハリをつけると金額の調整もうまくいくでしょう。

次の記事へ