• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚式場を見学する際に押さえたいこと

結婚式場を見学する際に押さえたいこと

ブライダルフェアとは


自分たちの理想とする結婚式を挙げるために、結婚式場選びはとても重要なポイントとなります。じっくりと時間をかけ、何軒かの結婚式場を回って比較することで、「ここでみんなに祝福されたい!」と思える場所を見つけなくてはいけません。ブライダルフェアは、結婚式場を見学するのに最適な場です。
最も規模の大きなものは、モデルさんが新郎新婦役を演じ、擬似挙式や擬似披露宴を行うもので、実際に挙式に参列したような感覚で、参加することができます。他にも、人気のある演出を行ってくれたり、実際に参列者に提供される食事を試食することができたり、ウェディングドレスの試着ができたり、様々なイベントが開催されています。二人だけでデート気分で楽しむのもいいですし、ご両親も一緒に見てもらって、アドバイスを受けるのも良いでしょう。もし、彼が仕事などの都合で一緒に行けない場合は、友達と一緒に行くのもおすすめです。彼と二人だと、テンションが上がりすぎて、重要なポイントを見逃してしまうかもしれませんが、友達と一緒の場合だと、冷静な判断をしてくれることもあります。
参加する時には、許可をもらってからデジタルカメラなどで、結婚式場や二人を撮影しておくことをおすすめします。記念になりますし、帰った後も雰囲気をイメージしやすくなります。また、ノートに聞きたいことを予めメモしておくと、聞き忘れを防止できますし、良かった点などを記入することで、何軒かの結婚式場の比較検討がしやすくなります。招待するゲストの人数や、希望の時期、かけることのできる予算、譲れない点など、現在で分かっている範囲でいいのでメモをしておくと、聞きたいことをまとめて質問できますし、ブライダルフェアの限られた時間を、有効に使えます。

どんな服装で行けばいいのでしょうか


見学をする場合、ドレスコードは特にありません。ですから、短パンにサンダルのようなラフな格好をして行っても、基本的には参加できます。とは言え、せっかく結婚式場に見学に行くのですから、男性はジャケット着用、女性はワンピースやニットとスカートのような「記念日に、二人でディナーに行く」ぐらいのスタイルでは行きたいものです。
ウェディングドレスの試着ができる場合、そのことを念頭に置いての洋服選びが、大事になります。綺麗なドレスを試着しても、ドレスの下に、下着の色が透けてしまっていては台無しです。白か、薄い色のもので、取り外しのできるストラップのものが良いでしょう。また、ドレスは一人で着るのはとても大変なので、大抵はスタッフさんが手伝ってくれます。ですから、見られても恥ずかしくないものを選びたいものです。
ヘアスタイルも、アップにして行った方が、ドレスを着た時のイメージがより湧きやすくなります。この時、タートルネックなどのかぶりものを着てしまうと、脱ぐときに髪型が崩れてしまいます。ですから、ボタンやジッパーで着脱できる洋服を選んで行くと着替えやすいです。ウェディングドレスだけでなく白無垢や、文金高島田など、「着てみたら意外と気に入った」なんてこともありますので、「自分には似合わないから」など、固定観念に捉われることなく、たくさん試着をしてみることをおすすめします。

見学する際に気をつけたいこと


結婚式場から見積もりをもらう時には、とりあえずの見積もりでは、必要最低限のものしか含まれていない場合があるため、料理のグレードや、披露宴の演出など、「本番に近い見積もりが欲しい」と伝えた方が良いでしょう。「最初にもらったものと、最終的な打ち合わせでもらったものの金額と比べると、大幅に増えていてびっくりした」という事態を避けることができます。また、招待客を少し多めに設定しておくことで、見積もりに余裕ができます。ブライダルフェアでの会場の装飾は、とても華やかに彩られています。自分たちもこれと同じものでできると思っていると、金額がとんでもないことになりかねませんので、きちんと確認することも必要です。
「スタッフさんの接客能力がどの程度のものであるか」のチェックも、忘れずにしたいポイントです。当日、自分たちの大事な参列者の方々を、安心して任せることができるのか、見学の相手をしてくれる担当者以外の人にも、気を配りたいところです。逆に、自分たちもスタッフさんに対して、失礼のないように振る舞いたいものです。挙式当日まで、一緒に人生の一大イベントを作り上げていってもらう上で、信頼関係がとても大事になるからです。
また、フェアが開催されている時期と時間帯が、自分たちの結婚式とは違うことを理解しておきましょう。例えば、春と冬では、周りの景色は全然違うものになりますし、時間帯によっても光の角度が変わることで、会場の雰囲気もガラリと変わります。直接目で確かめることが難しいようであれば、その時期と時間帯の様子が分かるものがないか、担当者に聞くのもいいですし、特徴などがあれば一緒に押さえておくのがいいでしょう。

次の記事へ