• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚式場の見学を効率よくするコツ

結婚式場の見学を効率よくするコツ

ブライダルフェアに行く前にしておきたいこと


結婚が決まったら、結婚式の準備を始めなければなりません。ですが、結婚式場はものすごく数があって目移りしてしまうし、何から始めたらいいのかわからないというイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。特に、お互いが仕事をしていると、ブライダルフェアに一緒に行く時間がなかなか取れないという方も多いのが現状です。結婚式までの貴重な時間を、有効に使うために、結婚式場を見学する前に行っておきたいポイントをいくつか紹介します。
まず、挙式のスタイルを決めましょう。多くの方がそうであるように、お父様とバージンロードを歩きたいと思われている方は、ほとんどの結婚式場で教会挙式ができますので大丈夫ですが、神前挙式や人前挙式を望まれる方は、下調べをしてからでないとせっかく見学に行っても意味がないことになりかねません。このような残念なことにならないために、前もって確認しておくといいでしょう。
次に、ある程度でいいので、日取りや招待客数、予算を決めましょう。せっかく気に入った式場を見つけても、希望している時期に、空きがないのでは、話は進みません。また、家族や親しい人だけの内輪の式なら問題ないでしょうが、会社の同僚や学生時代の友人も呼んでの大規模な披露宴となると、その結婚式場で収容できるのかといったことも考えなければなりません。スムーズに話を進めるためにも、先に話し合っておいた方がいいでしょう。さらに、青天井な金額にならないためにも、挙式にかけられるお金を相談しておくことも大事です。
そして、インターネットや結婚雑誌などを利用して、いくつかの会場をピックアップし、資料の請求をしましょう。この時、先輩カップルの口コミなども参考にすることがおすすめです。一回のブライダルフェアにかかる時間は約2、3時間ですので、資料を見ながら、さらに絞れると見学する件数が減り、より効率的になります。
そして、いよいよブライダルフェアに参加です。ホームページや雑誌などに掲載されている写真だけでは、結婚式場の雰囲気や細かい設備まで十分に掴むことはできません。自分たちの目でしっかり確かめましょう。

ブライダルフェアのコンテンツと注意したい点1


ブライダルフェアで開催されるコンテンツは、結婚式場が何を目玉としているかによって異なりますので、自分たちが特に確認したい点に重きを置いているものを選ぶといいでしょう。
まず、相談会です。不安や疑問に思っていることから、見積もりや日取りに関することまで、経験豊富なプランナーさんが、あなたの悩みを解消してくれます。このとき、スタッフさんの対応の仕方や、身だしなみなどチェックしておくと、挙式当日あなたの大事なゲストも安心して任せられるでしょう。
次に、模擬挙式です。永遠の愛を誓う場所に、あなた自身がゲストとして参列することで、リアルな雰囲気を肌で感じられます。と同時に、参列者が座るスペースの広さは十分あるか、パイプオルガンやピアノなどの音楽設備はどうかなど確認しておくといいでしょう。
模擬披露宴では、新郎新婦の入場ですの声とともに、当日自分たちが入場することを想像して、テンションも上がることでしょう。ですが、披露宴会場の雰囲気は自分の好みに合っているか、やりたい演出はできそうか、ゲストとの距離はどうか、などきちんと把握することも忘れずに行いましょう。

ブライダルフェアのコンテンツと注意したい点2


試食会では、大事なゲストをおもてなしするのにふさわしいものか、まず二人の舌でじっくり味わってみましょう。併せて、アレルギー対応をしてくれるかどうか、年配の方のためにお箸で食べられる料理であるか、小さな子供さんにも配慮してあるか、などにも気を配りたいものです。
会場コーディネートでは、フラワースタイリストさんが、あなたの希望を聞いた上でドレスやイメージにぴったりの装花を提案してくれます。可愛らしい感じも落ち着いた雰囲気も思いのままに叶えてくれますが、フェアを参考にしてのコーディネートは、驚くような金額になってしまいがちですので、注意が必要です。
引き出物などの展示では、今回試食できなかった料理のサンプルの他に、引き出物やペーパーアイテムなどを展示しています。フォトアルバムなどを置いてあることもありますので、どんどん自分たちのイメージを膨らませるのに役立てましょう。
また、ファッションショーやドレスの試着もあります。ウェディングドレスをはじめ、カラードレスやタキシードなど、モデルさんが実際に着て歩いてくれたり、自分で試着できることもあります。見ると着るでは、雰囲気がかなり変わってきますので、試着ができる場合は可能な限り着てみることをおすすめします。
なお、結婚式場によって異なりますが、フェアに参加したのち成約すると特典がもらえるところが多いようです。挙式までの大事な時間を、なんとなくフェアに参加してしまって、なにも決まらなかったともったいなく過ごさないためにも、有意義に見学を行うようにしましょう。

次の記事へ