• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚式の日程や結婚式場の決め方

結婚式の日程や結婚式場の決め方



結婚式の日程の決め方のポイントについて



これから挙式をする予定があるカップルも少なくないでしょう。現在、結婚式のスタイルは挙式するカップルで異なりますが、ゲストを呼んでお祝いしてもらう人も多いです。また、挙式をするカップルの家族なども参加するケースが多いため、自分たちのことだけでなく参加する人に不快感を与えないために日程をいつにしようか悩んでいる人も少なくありません。結婚式の日程の決め方にはポイントがあるため、そのポイントを参考にして選択するといいでしょう。

決め方のポイントの一つとして挙げられるのが約半年前には日取りを決めることです。例えば式場に協力してもらい挙式をする人が多いですが、式場の中にはキャンセル待ちなどをしない限り近い日取りで予約を取ることができないところが多いです。式場の中には一年先まで予約で埋まっているところもあるため、なるべく早めに日程を決めた方が良いでしょう。また、基本的にカップルだけで参加するのではなくゲストなども呼ぶケースが多いため、ゲストのことを考えて半年前には日取りを決めるのがマナーです。もし近い日取りで挙式をすると、ゲストの中には既に予定が埋まっている人も多く、参加しづらくなります。

二つ目の決め方のポイントはゲストの帰宅を考えて開催時間を設定することです。ゲストの中には遠方から足を運ぶ人もいるでしょう。距離によっても異なりますが、日帰りができない人も多くいます。ゲストが開催日の前の日に宿泊したい時は、開催時間が比較的早い午前を選択します。逆に開催日時の次の日にゲストを宿泊させたい場合、午後や夕方など比較的遅い時間帯を選択します。

三つ目のポイントは繁忙期を避けることです。例えば会社の決算期などです。この時期は忙しくなる会社も多いため、できるだけ避けた方が良いでしょう。また、業種によっても忙しい時期が異なります。例えば新郎の会社関係者を呼ぶ時はできるだけ勤めている会社が忙しくない時を選択します。学校関係にお務めの方を呼ぶ時は、3月や4月が繁忙期になるため、その時期は避けます。また、外資系は9月、販売関係は12月が繁忙期であるとされています。

最後に季節病が流行る時期も避けた方が良いです。季節病とは主にその季節によって発生する病のことです。例えば花粉が多く飛ぶ3月や4月は花粉症になる人が多いです。また、1月や2月は各地域でインフルエンザが流行するため、このような季節病の時期を避けて開催日を決めましょう。



トラブルを避けて日取りを決める方法



このように日取りを決め方には複数のポイントがありますが、結婚式を開催する予定のあるカップルの中には、親族に対しても日程についてトラブルにならないように慎重に決めたいと考える人たちも少なくないでしょう。結婚式の日程に関するトラブルを防ぐためにはコツがあるため、紹介をします。

コツの一つとして挙げられるのが、なぜこの日になったのか日取りの基準を伝えておくことです。親御さんの中には突然開催する日にちを伝えても、なぜその日になったのか理解することができずに納得することができない人もいます。そのため、基準を伝えておくことで、親御さんはなぜその日取りになったのか知ることができるため、トラブルを事前に防ぐことができる可能性があります。

また、候補を伝えることもトラブルを防ぐポイントの一つです。実際に相談をしないでカップルの中で日程を決めてしまい、親御さんとトラブルになるケースもあります。そのため、開催したい日の候補を幾つか挙げておき、それを伝えることで親御さんは複数の日にちの中から選択することができるため、カップルだけで決めてしまうよりもトラブルになりにくいです。

さらに、カップルからではなく他の人から両親に伝わってしまわないようにします。例えば両親の親戚や友人から伝えられると、子どもから教えてほしかったと感じる人も少なくありません。基本的に主役は新郎新婦になりますが、ご両親も結婚式は深く関わるため、トラブルにならないように配慮して日程を選択します。



結婚式場の決め方のコツについて



結婚式場の決め方が分からないという人も多いでしょう。実際に日程を決めることができたら、その日取りに挙式できる式場を選択する人も多いです。結婚式場は各地域に複数あるため、決め方のコツを知っておくと参考にできるでしょう。

決め方のコツとして挙げられるのが、ブライダルフェアなどに参加をすることです。ブライダルフェアではモデルが挙式できる会場で模擬挙式を披露してくれます。結婚を検討している人は、その会場に足を運ぶと、実際にモデルが挙式する様子を見ることができます。この時に結婚式場の雰囲気なども確認することができるため、参加をしてから選ぶ人も多いです。

その他のコツは料理です。披露宴を開催する人の中にはゲストに食事を提供する人が多くいます。食事に関しても式場を決める前に味などを確認できるブライダルフェアを実施しているため、参考にできます。

次の記事へ