• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 結婚が決まったらまずやらなくてないけないこととは

結婚が決まったらまずやらなくてないけないこととは

両親への挨拶と婚姻届


彼からプロポーズされて喜びの絶頂となるのもつかの間、いざ結婚するとなるとやらなければならないことが山ほどあります。お互いに仕事を抱えながら並行して準備を進めるのは大変なことで、やるべきことをリストに書き出して一つ一つこなしていくことも大切です。
二人の間で決まったことは、お互いの保護者へきちんと伝える必要があります。まずは、二人揃ってきちんとした身なりで双方の実家へ挨拶にいきましょう。報告だけでなく、式や披露宴についての両親の要望なども聞いておくことを忘れないようにします。二人だけの問題ではなく家と家との結びつきとなるため、親同士の顔合わせや両家揃っての式や披露宴についての話し合いをもつことも大切です。挨拶をしていきなり式を挙げることはなく、ある程度の婚約期間をもつことになることが多いでしょう。最近では、簡略化されることも多くなりましたが、第三者の立ち合いによる結納を重んじる風潮は依然としてあるので、仲人を立てたり、結納の日取りを決めたりすることも必要となる場合もあります。
最近では、婚姻届の提出を式や披露宴の前に行うことが珍しくありません。新婦の誕生日や二人の記念日など、覚えやすくて思い出に残る日に提出するカップルも多いので、両親の了解を得て提出日を決めるといいでしょう。全国共通で最寄りの役所でいつでも入手できる婚姻届けは、時間外受付もあり24時間いつでも提出が可能です。こうして無事に受理されれば届け出た日が入籍日、結婚記念日となります。
婚姻届には、2名の証人の署名が必要となるので、提出日までに依頼して記入してもらっておかなければなりません。二人の氏名と住所を書いて捺印するだけの簡単なもので、住所は新居の住所を記入することもできますが、婚姻届の提出によって住民票の住所が変わるわけではないことを知っておきましょう。

重要となる式場選び


両家の両親の顔合わせをする際に、結納の日取りとともに決めておかなければならないのが結婚式の日取りと式場です。中でも式場選びは、新郎や新婦の思いだけでなく、両親やお祝いに駆けつけてくださるゲストの方たちのことを考えて決めなければなりません。
式場には大きく分けて、ホテル、専門式場、ゲストハウス、レストランなどがあります。このうち交通アクセスに恵まれた都市の中心部に位置することが多いホテルは、豪華な施設とレベルの高いおもてなしが期待できる定番の式場です。おもてなしのプロが多数在籍しているため、きめ細かなサービスを得意とし、ゲストの満足度は高いものとなるでしょう。ただ、もともと宿泊施設であるため、宿泊客の動きが少し気になってしまうこと、また複数の会場で披露宴が同時進行することも多く、ロビーなどが混雑してしまうことなどのデメリットもあります。
専門式場は、名前の通り結婚式を行うために建てられた結婚式専門の会場です。本格的なチャペルでの挙式が可能で、同じ会場内で披露宴会場も併設されており、一つの敷地内で挙式と披露宴が行うことが可能です。当日は貸し切りで他のカップルと顔を合わせる心配もないので、お2人らしい理想のウェディングが叶えられるでしょう。ゲストハウスは、豪華な別荘のような一軒家を貸し切って新郎新婦がゲストをもてなすホスト役になって披露宴を行うスタイルのもので、ロケーションに恵まれた場所にあることが多いものです。おしゃれでセレブ感の漂うパーティーとなり、専門式場と同様、他のカップルと顔を合わせる心配がありません。
レストランウエディングは、普段はグルメレストランとして営業しているところを貸し切って披露宴をパーティー形式で行うもので、別途教会などの挙式をする会場が必要となります。料理に満足してもらえること、装飾や演出などにオリジナリティが反映されるというメリットがある反面、年配のゲストが多い場合には不向きかもしれません。

式場選びが終わってもやるべきことは多い


式場は大きく分けるといくつか種類があると説明しましたが、その中でも専門式場は、先述した通り結婚式専用の施設として特化したものですので、宿泊や宴会などでなくウエディングだけを専門として教育されたスタッフがワンランク上のおもてなしができる式場です。挙式や披露宴を快適に行うことができるようにつくられた施設には無駄がなく、式を挙げる新郎や新婦、ゲストの動きがスムーズになるような配慮が数多くなされています。
会場は最新機器や最先端のトレンドを取り入れて演出することが可能で、夢のような世界が広がっています。スタッフは全員がウエディングのプロであるため、ちょっとしたトラブルにも臨機応変にスマートに対応することができます。また、予約時から専任のスタッフに何でも相談することができるため、理想の形により近い式や披露宴をつくりあげることができます。
式場や日取りが決定したら、次は招待客のリストづくりです。予算と会場の収容人数によってあらかじめ招待できるゲストの数は限られているため、両家でよく話し合って決めることが大切です。返信用のハガキで出欠を知らせてもらうことになりますが、席次表や料理、引き出物などの準備の関係があるため、なるべく余裕をもって出すようにしたいものです。また、同時に引き出物も選ばなくてはなりません。二人の記念になってももらって困るものというのもあるので、幸せの押しつけにならないように冷静に選ぶことが大事です。ゲストとの関係性などによって引き出物の種類を変えたい場合は、価格の異なるカタログギフトの活用もおすすめです。
この他にも、新婚旅行先や新居のことなど決めなくてはならないことが数多くあるので、タイムスケジュールを作って漏れのないように確実に進めていくことが大切です。

次の記事へ