• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 派手婚が定番のイメージ?名古屋の結婚式の特色とは

派手婚が定番のイメージ?名古屋の結婚式の特色とは

名古屋の結婚式に見られる特色


派手婚のイメージが強い名古屋の結婚式ですが、かつては嫁入り道具を荷台いっぱいに積んで走るガラス張りのトラックの姿が見られたものの、現在はそのような風習も見られなくなりました。結婚式や披露宴にかける金額も、実は全国平均とさほど変わらず、名古屋だからといって特別にお金がかかるといったことはありません。しかし、現在でも名古屋特有の演出や引き出物の習慣が残されていたり、ゲストへのおもてなしの心を重視する姿勢が根強いため、参加する人にとって満足度の高い結婚式になることが多いようです。
また、家同士の繋がりを重視する名古屋では両親や親族の意見を尊重する傾向もあり、演出は古風だけれど派手なものを好みがちです。新婦の家の2階からお菓子をばら撒き、近所の人たちがそれを拾いに来た「菓子まき」と呼ばれた風習も、現代では披露宴の中で演出のひとつとして行われており、大人から子供まで参加できる催しとして人気があります。
名古屋の結婚式が華やかな印象を受けるひとつに、お色直しが多いという点も挙げられます。新婦が3種類、新郎が2種類の衣裳を着るのが一般的で、新婦のドレスはピンクなどの可愛らしい色合いに、フリルを多用したプリンセスのようなデザインのものが好まれるようです。新婦の衣裳が華やかであれば、ゲストの服装も明るく派手なものが多く、他の地方でよく見られる黒い色のドレスよりもカラードレスで華やかに装っている人が多いことも特徴です。引き出物はカタログギフトのみといったことはなく、赤飯やかつお節といったものも入れられます。タオルのセットなどに新郎と新婦の名前を入れた熨斗をつけた「名披露目(なびろめ)」が含まれることも珍しくありません。

結婚式の様々なスタイル


名古屋だけに関わらず、全国的に結婚式のスタイルは多様化しています。結婚式は新郎と新婦が新たな人生を共に歩んでいく誓いを立てる挙式と、2人の晴れ姿をゲストにお披露目して喜びを分かつ披露宴の2つを一緒に行う場合が多いですが、挙式には様々なタイプがあるので、自分のイメージや希望に合うものを探してみましょう。
おおまかに分けると挙式のタイプは3種類あります。根強い人気を誇っているのが、教会式・キリスト教式と呼ばれるスタイルです。厳かな雰囲気のチャペルの中に響き渡る聖歌隊の歌声、真っ白なウエディングドレスでバージンロードを歩いていく姿を夢見る女性は少なくないでしょう。愛を誓い合ったふたりは指輪の交換をし、結婚を宣言します。
神社で行われる神前式は、和装への関心の高まりからも最近人気が出ているスタイルです。日本に古くからある伝統にのっとり、雅楽の音色に包まれながら静々と進む式は心地よい緊張感が漂います。白無垢姿に綿帽子といった衣裳は特別な印象があります。ゲストからの印象も年配の方には古風な挙式の好感度は高く、神前式を始めて見る若い人の記憶にも強く残るでしょう。式ではふたりで一緒に行う儀式が多いので、共にひとつの式を作り上げたという達成感や一緒に味わった緊張はいい思い出になります。
3つ目は宗教にとらわれず、自由な形式で行われる人前式です。人前式では集まってくれたゲストの人たちが結婚の証人になります。そのため誓いの言葉も形式にそったものではなく、オリジナルの言葉でゲストの前で宣誓します。場所や演出も自由にできるので、オリジナリティ溢れる特別な式を行いたいという人に最適です。

みんなに満足してもらえる式を


結婚式の主役は新郎新婦ですが、その場には親族、友人知人など、たくさんのゲストも参加します。せっかく沢山の人を呼んで式を挙げるなら、新郎新婦は勿論のこと、集まってくれたゲストみんなにも良かったねと言ってもらえるような素敵な式にしたいものです。式場を選ぶ際にはゲストが参加しやすい、満足してもらえるような場所であることも考慮に入れましょう。
名古屋には多くの式場がありますが、立地も重要なポイントの1つです。駅から近いのか、道はわかりやすいか、送迎や駐車場の有無などもチェックしましょう。車椅子、補助が必要な人がいる場合には対応が可能か、確認が必要です。また、会場の広さも確認しておきましょう。式場により、収容できる人数が異なります。気に入った場所を見つけても大きさが人数と合わないといったケースも出てくるため、見学会に行く前にはあらかじめゲストの人数がどれくらいの規模になるのか考えておき、希望を伝えるといいです。
ゲストの中で着物の着付けやヘアセット、衣裳のレンタルを希望する人もいます。式場にゲストが着替えることができる更衣室やヘアメイクさんの手配があるのか、料金はどれくらいかかるのか確認しましょう。
食物アレルギーや食べ物の嗜好など、ゲストからの要望に応えることができるのかも重要なポイントです。また、子供を連れている人がいる場合、子供用のメニューはあるのか、離乳食の場合は持ち込みができるかどうかもチェックしておきましょう。結婚式では様々な方面に気を配ることも多く、準備も大変ですが、人生の晴れ舞台を多くの人と共有し、すてきな思い出に残る式を目指しましょう。

次の記事へ