• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 引き出物袋にもこだわりを持つ、変わりゆく名古屋の結婚式

引き出物袋にもこだわりを持つ、変わりゆく名古屋の結婚式



引き出物袋にもしっかりとこだわる

 

挙式は新郎新婦にとって人生の出発点であり、結婚式に招待したゲストには十分満足してもらいたいと考えるものです。ゲストの満足度において重要なポイントとなるのが料理と引き出物です。特にゲストへのお土産である引き出物は、ゲストの満足度を左右する重要なアイテムです。しかし、お土産選びは難しいもので、自分たちがもらって嬉しいものがゲストも嬉しいとは限りません。そのため、多くの新郎新婦が引き出物選びに困るという経験をしているでしょう。

引き出物は結婚式へ来てくれたゲストへのお土産ですから、中身にこだわるのは当然のことですが、中身を入れる引き出物袋も満足度において大切な要素になります。引き出物袋は別名ブライダルバックと言いますが、ブライダルバックにもこだわってこそ感謝の気持ちが伝わり、ゲストの満足度をアップさせることができます。また、引き出物や引き菓子などを全部入れようとしたら袋に入らなかったということがあります。袋の中に入れるもののサイズやレイアウトを事前に確認しておくことも大切です。

式場で販売されているバックの場合、由緒ある式場やホテルであれば、その名前がプリントされているバックを持ち歩くのも誇らしく思えるものです。多少費用はかかりますが、無難な選択です。逆に一般的な紙製の引き出物袋は、何度か使ったとしてもゴミとして処分する人が多いです。最近では引き出物袋も多様化してきており、例えば、エコバックを引き出物袋にする人も増えてきています。エコバックであれば持ち帰った後も買い物などに使うことができ実用的です。

エコバックなどはインターネットで安価に購入することができ、エコバックにオリジナルのデザインを施したものを用意するカップルもいます。式場に持ち込むことで結婚式の費用を抑えることができますし、ゲストにも喜ばれます。準備するときには、底の広いものを選び、全てのお土産が入ることを確認して選ぶといいでしょう。



個性的な引き出物袋の選び方

 

最近では、中身のお土産と同じくらい引き出物袋にこだわり、個性的なバックを使われる方が増えています。まさに、たかが袋されど袋、お土産は外見も大事という精神です。例えば、無地のトートバックを引き出物袋に使うとしましょう。エコバックは使うシーンを限定されますが、トートバックはおしゃれな感覚があり、いろいろな場所に持っていくことができます。シルクスクリーンという方法を使えば、自宅でトートバックにオリジナルのロゴなどを印刷することができます。

また、消しゴムはんこを使って無機質な布製バックにスタンプを押す方法もあります。消しゴムはんこは、英語フレーズのものやおしゃれなイラストのものが、ネットショップなどで販売されているので、手軽にオリジナルのブライダルバックができあがります。さらに、ブライダルバックにサンキュータグや色付きの紐やリボンをつけるのがちょっとした流行になっています。無機質なクラフトバックでもタグがあるだけでとってもオシャレになります。

このようにおしゃれな感覚を生かしたブライダルバックは、ゲストの方々からの評判も高く、結婚式の費用も抑えることもできます。中には、多少、費用がかかるものもありますが、お土産は外見からと、可愛いことで有名なブランドのブライダルバックを持ち込む方もいます。また、最近では、ゲストによりお土産を変える贈り分けが引き出物の主流になっています。上司や親族、友人や同僚、男性と女性、年齢など、ゲストとの関係によってお土産を分けることで、ゲスト側の満足度がアップします。その際にも袋の中に入れるお土産の数や大きさに違いがあるので、ブライダルバックもそれぞれに対応したものをいくつか用意しています。



現代の名古屋の結婚式

  

名古屋のウェディングは派手で豪華というのが世間一般の印象です。嫁入り道具はトラック1台分持っていくという風習があり、娘が3人もいたら親は破産するほど結婚の準備にお金を掛けていました。しかし、この頃では、名古屋でもこうしたウェディングは少なくなり、シンプルなものが主流になってきています。費用について多くを占めているのは会場代と料理代ですが、人数によってはお土産も大きな金額になりますし、衣装代や花代、写真、ビデオの撮影代もあります。

名古屋にはたくさんの結婚式場がありますが、予算内で納めたいという方には、節約重視の式場もあります。また、名古屋においても、引き出物袋をオリジナルなものにして自分で用意する方も増えています。最近ではインターネットの検索機能を活用して、カップルのこだわりの部分を検索し、候補となる式場をピックアップするのもおすすめの方法となっています。また、繁忙期は費用が高くなるので閑散期に式場を探したり、仏滅に結婚式を挙げたりなど、名古屋においても節約する人が増えています。

そうした中、チャペルウェディングを提供してくれる式場が人気を集めています。式場の中には、イタリアのヴェネチアで生まれた建築詩人として有名な方のデザインをモチーフにしたチャペルもあります。通常の結婚式とは異なり、天井には星などが映し出され、満天の星に包まれた挙式を演出することができます。このようなロマンチックな式場もネットで検索するとすぐに見つけることができます。また、交通の利便性を考えて名古屋駅からのアクセスが良い式場に人気が集まっています。同じくらいの料金であれば、アクセスの良いところを選んだ方がゲストも出席しやすいでしょう。

他にも、料理に創作フレンチを提供してくれるところや、最新のブランドドレスを自社運営のドレスショップから提供してくれるところ、1日2組限定で1軒家を貸し切りできるところなど、個性のある式場が揃っています。まずは、結婚式にかける金額の上限を決めて、その予算内で収まる式場を探してみてはいかがでしょうか。

次の記事へ