• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 少人数で行う素敵な結婚式

少人数で行う素敵な結婚式

少人数ウェディングのメリット


結婚式と聞くと、大人数のゲストに参加してもらって華々しく行われるイメージを持たれる方も多いかもしれません。しかし、最近では少人数で結婚式を挙げる方も多くあります。
少人数で挙式した場合のメリットとしてまず考えられることは、費用を抑えられるという点です。大人数で挙式となった場合、ゲストへお出しするお食事、そして大きなウェディングケーキはもちろん、招待状の作成・発送費用等のこまごましたものも費用が嵩んでしまいます。ご祝儀が頂けるとはいえ、時間や手間もそれなりに必要となります。必然的に打ち合わせも増え、外食等の機会も併せて増えてしまうかもしれません。そうなると、挙式とは関係のないところで予定外のお金がかかってしまうことになります。少人数での結婚式であればその分の時間をカットすることが可能なので、外食等の機会も最小限に抑えることができます。また、その分自分たちのやりたい演出を行い、より満足いく結婚式が挙げられる場合もあります。
もう一つのメリットとして、気を遣い過ぎなくてよいことが挙げられます。結婚式を挙げるとなった時に、新郎新婦が頭を悩ませがちなのが、招待するゲストです。どこまでの間柄の方を招待するのか、また、披露宴の時の席の配置をどうするかなど、悩みは尽きません。こんな時、招待する人数が少なければ、席の配置に悩む時間も比例して短くすることができます。親族のみ等、本当に近しい人だけを招待する場合、「あの人は呼ばれていたのに自分や呼ばれていない」等の不満をぶつけられるリスクも少なくなります。このようなことから考えると、良い意味で気を遣い過ぎず、アットホームな式を挙げることができます。

少人数ウェディングでも可能な演出


大人数であれば大いに盛り上がる演出も、少人数で行うとなんだか物足りない、寂しいと感じてしまう演出もあるでしょう。しかし、どうせなら少人数だからこそできる素敵な演出を行ってみると、ゲストの方もいつもと違う演出に喜んでくれることも考えられます。例えば、披露宴の演出として映像を作成するのであれば、ゲストの方と一緒に写っている写真や動画を探して、それを盛り込んだ映像を作成してみてみましょう。その際に、ゲストの方全員との写真や動画を用意できるとなお良いです。新郎新婦が用意した映像の中に、自分の姿を見つけることができれば、ゲストの方は特別感を感じることができますし、何より、結婚式・披露宴に「自分も一緒に参加している」という気持ちになることができます。写真や映像を探すことで、ゲストの方との思い出を懐かしく思い返すこともできるので、より感謝の気持ちをもっておもてなしすることができるかもしれません。
また、もしゲストの方全員に共通の趣味や好きなものを見つけることができるのなら、ビンゴゲームもいいでしょう。大人数の披露宴でもよく行われますが、人数が多いほど景品の準備が意外と大変なものです。さらに、誰にあたっても喜んでもらえるプレゼントを用意するのは難しいものです。しかし、少人数であればそれも可能になることもあります。金額はそんなに高くないものでも、好きなものや趣味で使用できるものだと嬉しいものです。どれが当たっても、当たった人に喜んでもらえる素敵な景品を用意できる可能性が高いのも、少人数での結婚式ならではです。

ゲストに喜んでもらうための工夫


せっかく少人数で行う結婚式なのですから、自分たちが楽しむ工夫をするのはもちろんですが、お祝いに来てくれたゲストの方に喜んでもらえるような工夫をしたいものです。時間はかかりますが、手作りの席次表・席札を用意すると、グッとアットホームな感じを演出することができます。その際、ゲスト一人一人にメッセージカードを用意して席札に添えておくと、新郎新婦と入場までの時間に見ることができますし、喜んでもらえる可能性があります。大変な作業ではありますが、ゲストの方との思い出をメッセージに託すのも楽しい時間になりますし、準備の時間も含めて結婚式の思い出として、心の中にいつまでも残すことができます。
また、こちらも少人数ならではの工夫ですが、事前にゲストの好みをリサーチしておき、その方にあったものに用意しておくというのも素敵です。例えば、ウェルカムドリンクに工夫してみたり、似たようなものになりがちな引き出物を、ゲスト一人一人の好みに合わせて変えてみるといった工夫もできます。品物自体を変えるのが難しいのであれば、ゲストの好きな色を用意しておくのも一つの方法です。
結婚式の主役は新郎新婦で、人生の晴れ舞台です。そんな日だからこそ、お祝いにかけつけてくれた大切なゲスト一人一人に対しておもてなしの心を持つことが大切です。大人数の結婚式ではゲスト一人一人への心配りも難しいものですが、少人数であれば細やかな点まで配慮が出来、ゲストも含めて全員が幸せになれる、それが最大の魅力です。

次の記事へ