• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 多様化してきている挙式スタイル

多様化してきている挙式スタイル

宗教とも関係がある結婚式スタイル


誰もがうらやむ結婚式は、とても大きなイベントでしょう。憧れもありますが、いろいろと世間的な決まり事も出てきます。その中で、結婚式にはさまざまなスタイルがあり、どのような挙式スタイルをとるかで、流れも変わってくることになるでしょう。自分たちだけではなく、お互いの親の意向なども尊重しつつ、挙式スタイルは考えていかなければいけません。もちろん、自分たちがどのような結婚式を挙げたいのか、これも重要です。この2つを軸にしながら、どのような挙式スタイルがあっているかを、考ていきましょう。
挙式スタイルとして中心となってくるのは主に4つあります。キリスト教式と神前式、仏前式、人前式となるでしょう。この中から選ぶことになってきます。宗教的な縛りも出てきますので、両家の信仰している宗教についても確認しなければいけません。会場を先に決めてしまったときには、その会場でできるかどうかということが重要になってきます。設備のない時には、希望してもできないことがあるからです。
一般的な挙式スタイルは、キリスト教式ということになるでしょう。ここから他を考えてみるのが、現代の日本では基本といえます。バージンロードを歩きたい、フラワーシャワーをしたいというのであれば、このスタイルとなってくるでしょう。だいたいどこの結婚式場でもこちらの設備はあります。街中にある教会とともに挙げることもできますので、ほとんど心配はないでしょう。結婚式場やホテルであげる場合、信仰を問うことはありません。
教会を使う場合には、教会自体や宗派の問題もありますので、事前に確認が必要になるでしょう。カトリックとプロテスタントの違いは、日本でも覚えておくと心配はありません。神父が司会をするのがカトリックで、牧師が司会をするのがプロテスタントです。赤いバージンロードを使うのがカトリックになりますが、新郎新婦のどちらかが信者でなければ、あげることはできないと考えた方が良いでしょう。

日本に古くからある神前式と仏前式


神様の前であげると書くのが、神前式です。日本の古来からある挙式スタイルであり、非常に荘厳で厳かの雰囲気の中であげることになります。雅楽を使うことがおおく、雅やかな演出をするのが特徴といえるでしょう。和装でおこなうのが基本であり、三三九度といったことも神前式で行われます。芸能人がおこなうようになり、かなり知られるようになったため、憧れを持っている人も多いでしょう。有名な神社では、ほとんど行うことができるようになっていますが、そのままホテルなどを利用して披露宴を上げるというのも珍しくなくなりました。ただし、結婚式場では神社の設備がないことがあり、あげることができないときもあります。こうした心配もあるため、神前式を選びたいというのであれば、式場に設備があるかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。最近では、有名な神社は人気が高まっているため、かなり早めの予約をしないと受け付けてくれないことも増えてきました。
信仰的な理由により、お寺であげるのが仏前式です。神前式との大きな違いは、神社は神様であり、お寺は仏様であるということでしょう。神仏一体となっているところもあり、これが正確な表現ではないこともありますが、先祖に対して契りを誓うということになるのであれば、仏前式ということになります。お寺で挙げることが多くなりますが、式に出席するのは親族だけです。これは、先祖に対する契りということになるからであり、他の人を入れることができないためです。白無垢に紋付き袴となりますが、自分の紋を入れたものを着用することになるため、レンタルというわけにはいかなくなります。神前式にも似てはいますが、熱心な仏教徒といった家庭だけでおこなわれると考えて良いでしょう。仏教以外にも、一部の宗教や地域でおこなわれることもあります。

縛りの少ない人前式


宗教などの縛りはなく、もっと自由に上げるのが人前式です。最近では、かなり増えてきましたが、一切縛りがありませんので、自由な形にすることができるのです。参列者が結婚を承認するというかたちなのであり、ホテルやゲストハウスを利用することが多いでしょう。衣装も自由であり、和装でも様相でも行うことができます。何も大きなところであげるだけではなく、小さなホールを借りて、仲間内だけで小さくあげるようなスタイルもあり、費用も抑えることができるでしょう。それにもかかわらず、印象に残りやすい結婚式スタイルですので、かなり人気が高くなってきました。施設としても、イベントホールやテーマパークで挙げるスタイルもあります。自由な選択ができるかわりに、プランニング次第という面があることも忘れてはいけません。披露宴にもかかわってくる結婚式スタイルですが、かなり多様化してきているといえるでしょう。
もともと宗教的意識や制約が多かったものではありますが、日本ではそこまで厳しく取り締まっているわけではありませんので、お互いが幸せと思選える択肢をとって、一生の思い出となる満足したものにしていきましょう。

次の記事へ