• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > 名古屋で披露宴をあげるなら演出を重視したい

名古屋で披露宴をあげるなら演出を重視したい

式場探しは夫婦二人の共同作業


結婚式にはどのぐらいのお金がかかるのでしょうか。よく聞く話に、名古屋の結婚式はとてもお金がかかるという話があります。名古屋で嫁入りするときは、トラック何台もの嫁入り道具を用意するという風習は今でも残っているようです。かつてほどではないものの、今でも名古屋名物のひとつとして残っているのは嬉しい話です。名古屋以外でも各地には結婚式にまつわる風習が長年残っています。このように、結婚式や披露宴は古い文化が残っている場合や、新しいスタイルが取り入れられるようになりました。昔は、男性は結婚式にあまり関心がないという傾向があり、花嫁に付き合うのが大変だという声が圧倒的に多かったですが、今は時代が変わりました。結婚式や披露宴は、新郎も一緒に協力して進めていくというのが当たり前になってきたのです。実は、花嫁さんより演出などを重視するという花婿さんの話も聞こえてくるほどです。
ちょっと話は変わりますが、料理人に男性が多いのは細かいことにこだわることが男性は好きだから、という話があります。もちろん理由はそれだけではないのですが、男性は一度こだわるとどこまでもこだわりたくなるという方が多い傾向があります。そのため、結婚式も披露宴も演出を重視して、自分たちだけではなく、参列してくれたみんなに幸せな気持ちになって欲しいという気持ちが込められているようです。花嫁さんにしてみれば、自分だけじゃなくて新郎も一緒にここまで一生懸命になってくれるなんて、と心強さを改めて実感するようです。

結婚式をあげるときにチェックしておきたいこと


これは新郎新婦によって大きく違いがありますから、ここにこだわりましょうというアドバイスはないようです。ただし、ここはチェックしておいたほうがいいという項目がいくつかありますので、それを参考に自分たちのこだわりを持った演出を考え、何を重視したらいいのか考えていきましょう。
例えば料理です。誰でも安心して食べることができるように、アレルギー対応できるかどうか、これは大事なことです。また、参列する方の中にはお子さん連れの方もいることでしょう。子供向けのメニューが対応できるかどうかも大きなポイントとなります。それから、コースのメニューが気になるところでしょう。和食、洋食、中華、和洋折衷、イタリアンなど、どんなメニューが用意されているのか、予め確認しておく必要があります。料理に関しては、それぞれの結婚式場のフェアに参加することで、新郎新婦二人で味わうことができます。実際に食べてみることで、最終的に自分たちが納得するものを選ぶと失敗がないでしょう。もしも試食のときに「ちょっといまひとつだったからランクを上げてもらおう」という判断の仕方はあまりおすすめできません。なぜならば、いまひとつだったのは素材のランクが低かったからとは言い切れないためです。もしもいまひとつだと思ったのであれば、他の式場のフェアを申し込んで、そちらの料理も味わって最終的に決断しましょう。このことからも分かるように、結婚式場のフェアはいくつか申し込んでおくと良いのです。急いで結婚式を挙げる必要はないですから、夫婦二人が納得の行く式場を選びましょう。式場選びに妥協は要りません。

引き出物選びに困るカップルも多い


確かに、自分たちがもらって嬉しいものが相手も嬉しいとは言い切れません。そのため、この引き出物選びが非常に困ったという経験者が少なくないのです。何を基準に選んだらいいのか、参列する方の年齢も性別も好みも様々ですから悩むところです。そこで近年の結婚式では当たり前になってきたのがカタログです。カタログなら参列した方がその中から好きな商品を選んでくれるので、新郎新婦は引き出物の値段を決めるだけ。これはとても評判が良いようです。
引き出物のほかにも、引き菓子や赤飯、折り詰めなどを選ぶ必要がありますが、こちらは地域によって品目に違いがあるようなので、自分たちが暮らす地域ではどんな品目が一般的なのか下調べをしておきましょう。
例えば北海道や東北では、記念品のほかに引き菓子、赤飯もしくは折り詰めが一般的です。関東では記念品、引き菓子、鰹節、北陸では記念品、引き菓子、籠盛り、赤飯、近畿では記念品、引き菓子、果物、折り詰め、中国地方では記念品、引き菓子、四国では記念品、引き菓子、折り詰め、九州沖縄では、記念品、引き菓子、果物、これらが一般的だといわれています。
ちなみに先ほど話したカタログは、記念品に該当します。気になる予算のほうですが、これはご祝儀の額に合わせて差をつけるようになります。例を挙げると、例えば3万円のご祝儀をいただいた場合、記念品は3,000円、これに2,000円の引き菓子などをセットにするのが一般的な引き出物となります。平均的な予算は5,000円~15,000円ぐらいが相場となっています。

次の記事へ