• フォトギャラリー
  • コンセプト
  • 会場案内
  • 料理
  • ドレスアイテム
  • ウェディングレポート
  • プラン
  • ウェディングプラン
トップページ > コラム > コストを抑えるための名古屋の安い結婚式場選び

コストを抑えるための名古屋の安い結婚式場選び

名古屋の風情とその人情


名古屋市は愛知県の政令指定都市であり、県内の中心となる県庁所在地のある場所で、その昔は尾張の名で知られている地域です。愛知と言えば、愛知県人のほこりである3英傑を産み出した場所で、その中でも尾張出身の織田信長は突出した英雄と言えるでしょう。尾張の文化は、日本文化に多大な影響を与えていることは確実で、信長の作り出した楽市楽座はその最たるものと言えます。
尾張の人は華やかさと堅実さを好む方が多く、できることなら良い意味で男らしさと女らしさを求める地域の性質をもっていると言われています。人が集まるときは華やかに、私生活は堅実に、とメリハリのある生活をしたい方に適しています。また、結婚式では日本の中でも派手に行う傾向があり、式に盛大さも求められることがあります。
また門前町など港町も栄え、そういった面では開けた地域であり都会的な住みやすさがあります。経済も活発で、海外との交友も比較的多い都市と言えます。領事館や総領事館、そして名誉領事館などを合わせるとその数なんと33カ国に渡り、尾張の都市としての勢いをも感じさせてくれます。また、多くの大学が点在しており、親の目線で見れば子どもが大きくなってからも引っ越しや家計の面で助かることもあるでしょう。経済や産業、そして教育に観光とあらゆる文化が、この地に集結しています。
名古屋という地域で結婚をして式を挙げ、子どもを産んだその先々まで考えるとすれば、住みやすく結婚後の生活に適したところであるでしょう。

名古屋の面白い結婚式場事情


日本で現在のカジュアルなスタイルの結婚式場が出来たのはごく最近の事で、かつては日本のどの地域でも、家庭で行うのが一般的でした。結婚式が行われるようになったのも同じく、明治以降に行われたのが最初で、もともと日本には結婚式といったものは存在していませんでした。ただし婚礼そのものは儀式として当然存在しており、婚礼の儀礼は現在の結婚式のようなものでもあったのです。
この儀礼は現在でも聞かれる祝言というもので、人前で三三九度や高砂を謡い、これが儀式として行われ、会場となる部屋ではその流れで飲食が行われるスタイルでした。これは人前婚と披露宴を組み入れた、古くからの婚姻のスタイルでした。
大正時代には、結婚ガイドブックなるものが発行され、結婚式のスタイルも世間に知れ渡るようになり、作法や基本となる知識が定着して行ったのでしょう。しかしながら、その当時の名残なのか、地方でも結婚式のやり方は似ていても、スタイルが違っている事が多いものです。名古屋でも盛大にお金をかかりがちであり、トラックで花嫁道具を運び周囲に見せて回ってそのコースまで決められていたというユニークな方法もあったとされています。する側も見る側も、名古屋の結婚式の事情に関して戸惑うこともありますが、一生の思い出になることにつながります。そういったバリエーションに富んだ結婚式に対しても経験豊富な式場やプランナーを選ぶことにより、安いながらも盛り上がりを意識した良い結婚式を挙げることができます。

名古屋で安い結婚式場を探すのなら


結婚式にこだわりのある名古屋で、金銭的にも安い、集客方法にも親身となって考えてくれる結婚式場を選ぶなら、事前の情報収集は必須となります。
例えば、同じ系列である会社の中でも、交通の利便性を考えた上でアクセス方法に優れた披露宴会場を選べる選択肢があることです。下見は必ず行うことをおすすめしますので、式をする前の方を対象にしたフェアの内容が充実した結婚式場を探すことも良いでしょう。
いずれも、アクセスに便利な名古屋駅からほど近い会場を選ぶことでゲストを増やすことにもつながります。結婚してそれから住む土地だったり、昔から住んでなじみのある地域だったり、いずれにしても会場が名古屋であれば、多くの人に集まっていただきたいものです。
また、時期をずらして夏のプランを選ぶこともおすすめです。夏ならではの開放的な演出や、リゾート感あふれるサービスも期待できます。何よりも、挙式の料金が節約できるチャンスがあります。それぞれ季節によって、結婚式場のテイストも変わってきますから、いつするかどうかを決めて料金もしっかりチェックしておきましょう。また、盛大にするならやはり食事にもこだわりたいところです。無料試食会が場所によっては開催されていますので、事前の情報収集の一つとして参加してみることもおすすめです。せっかくお金をかけてお食事を選ぶならば、新郎新婦たちが合格点を出した料理でもてなしたいと考えます。来場者も多ければ多いほどどういった方が来るかわからないので、体裁よく美味しくてボリュームもある料理が理想的です。
そのほか、披露宴では着替えの回数によって新郎新婦の余裕も異なってきますから金銭的に節約しながらももてなしを豪華にしたいのであれば、効率重視と見せて、本当に好きなドレスだけを選んだりすることも一つの案です。最後に大切なことはゲストへの感謝ともてなしです。式そのものの質を確かなものにすれば、名古屋での結婚式場選びは成功です。

次の記事へ